トップ > 特集・連載 > 平成ダイアリー ある30年 > 記事

ここから本文

平成ダイアリー ある30年

(5)ゆとり社会人 居場所みつかった

写真

理容室の支店の店長を任されるあやか。後輩の話に耳を傾けながら、ハサミを動かす

写真

 なだらかな丘の上に広がる、名古屋市郊外の住宅街。並木道沿いにある理容室のオーナー、高井英匡(49)は身構えていた。

 「ついに、初めての平成生まれがやってくる」

 平成二十(二〇〇八)年の春。高校卒業とともに、児童養護施設も巣立つことになるあやかは、この理容室での採用が決まった。高井は、社会に飛び出す主に十八歳の施設出身者を店に受け入れる、いわば「職親」でもある。「ゆとり世代」が大学卒業を迎え、世の企業が騒ぎだす数年前。「すぐ辞めてしまわないように、接し方、気を付けないとな」。自分にも、従業員にも、そう言い聞かせた。

 あやかがこの理容室への就職を決めたのは、実際「なんとなく」。施設を出ても、帰る家はない。行く当てもない。「寮あり」でほかに該当するのは寿司(すし)店とパチンコ店だった。続ける自信はなく、消極的選択で手を挙げた。

 店に入り、ついたあだ名は「平成あやか」。しかし、どこか揶揄(やゆ)したような世代のイメージを覆し、働きぶりはしゃかりきだった。

 三年間、理容師の資格をとるまでは見習い。高井は仕事に容赦ない。例えば、シャンプーの施術は「一人終えたら、汗だくになるくらい」。指が思うように動かないのがもどかしく、早朝に練習した。休日は専門学校へ。その合間に、顔なじみの児童養護施設へ出向き、ボランティアとカットの腕磨きを兼ね、子どもたちの髪にハサミを入れた。

 理容師を志していたわけでもないのに、目の回る忙しさにも耐えられたのは、強迫観念に近かった。「ここを辞めたら、行くところがない」。それに、続けてみると、客から「上手になったね」と言われ、指名ももらえた。そんな喜びを、少しずつ覚えた。

 高井からすると、ただでさえ、複雑な家庭で育った若者たちの「その後」は厳しい。これまで雇った二十人以上の七割はすぐに行方不明となり、風俗や犯罪に走ることもあった。

 だから、店を閉めた後に鍋をつついたり、店の前でバーベキューをしたり。あやかの成人式の日には、高井が「従業員が代々着られるように」と購入した振り袖が用意されていた。「家」と呼べる居場所がないあやかにとって、店は家庭のようだった。

 高井は、仕事に打ち込むあやかに二十五歳で支店の店長を任せた。初めて持った部下の指導。あやかの下で、一年足らずで辞めてしまった少女がいる。仕事中の態度を注意すると、食ってかかってきた。最後は、お互いけんか腰。でも、あやかは少女の去り際、声をかけた。「髪、切りにきていいよ」。少女は幼いころ、里親にバリカンで丸刈りにされ、トラウマを抱えていた。

 少女は今でも二カ月に一度、あやかの元をカットに訪れる。一年前に始めた介護の職場のできごとを報告する少女に、「そっか」と相づちを打ち、手際よくハサミを走らせた。

 そんな平成最後の年の瀬の夜。あやかのスマートフォンに、一通のショートメールが届いた。

 「二十七年前 親の都合で悲しく辛(つら)い思いをさせて本当にごめんなさい」

 顔も声も覚えていない、実の父からだった。(敬称略)

 ◆マイナスの印象強く <ゆとり世代> 明確な定義はないが、平成14(2002)年に実施された改定学習指導要領で、小中学校で進められた「ゆとり教育」を受けた世代を指す。過熱した受験戦争の反動で、完全週5日制や教科書を使わない「総合的な学習」が導入されたが、08年に「脱ゆとり」へあっけなく転換。「学力が足りない」「協調性がない」といった批判的な見方をされがちな世代でもある。テレビドラマ「ゆとりですがなにか」が16年に放送され話題に。テニスの錦織圭選手やフィギュアスケートの羽生結弦選手ら、世界で活躍するアスリートを輩出している。

 

この記事を印刷する

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索