トップ > 特集・連載 > 記事

ここから本文

特集

【講演要旨】【写真特集】 吉野さん、ノーベル記念講演

ストックホルム大で受賞記念講演をする吉野彰・旭化成名誉フェロー=8日、ストックホルムで

写真

 【ストックホルム=安藤孝憲】ノーベル化学賞を受賞する名城大教授で旭化成名誉フェローの吉野彰さん(71)は8日午後(日本時間同日夜)、ストックホルム大の講堂で「ノーベル・レクチャー」と呼ばれる記念講演に臨んだ。自身が開発したリチウムイオン電池が地球環境問題を解決する鍵になると説き「サステナブル(持続可能)な社会の実現は近い。そのための中心的役割をリチウムイオン電池が担うだろう」と力強く訴えた。

 吉野さんは、化学賞の共同受賞者で米テキサス大オースティン校教授のジョン・グッドイナフさん(97)、米ニューヨーク州立大特別教授のマイケル・スタンリー・ウィッティンガムさん(77)に続いて登壇。「リチウムイオン電池の開発経緯とこれから」と題し、英語で30分間講演した。

 大阪で生まれたことなど自身の生い立ちから語り始め、ファラデーの著書「ロウソクの科学」に影響されて科学者を志したことも紹介。旭化成での研究開発を振り返る中では、1982年の年末に職場の大掃除でグッドイナフさんの電極に関する論文を発見したことが成功の鍵だったと述べ「まさしく私の求めていたものをもたらしてくれた」と感謝を伝えた。

 近年、リチウムイオン電池の販売実績で、電気自動車(EV)向けがスマートフォンなどのモバイル端末向けを上回る現状に触れ「かつてIT(情報技術)革命をもたらしたように、ET(環境、エネルギー技術)革命を導くだろう」と力説。人工知能(AI)で管理された無人自動運転のEVが、必要な時に必要なだけ利用できる交通体系の未来像を映像で紹介し、締めくくった。

 講演後、ウィッティンガムさん、グッドイナフさんと並んで再び登壇すると、会場からスタンディングオベーションを浴びた。

 吉野さんは、同日夕から在スウェーデン日本大使館主催の祝賀会に出席し、記念コンサートにも足を運ぶ予定。授賞式は10日夕(日本時間11日未明)に開かれる。

【写真特集】

ストックホルム大で受賞記念講演を終え、共同受賞者のスタンリー・ウィッティンガム氏(右)、ジョン・グッドイナフ氏(中央)と拍手を受ける吉野彰・旭化成名誉フェロー=8日、ストックホルムで(共同)

写真

ストックホルム大で受賞記念講演をする吉野彰・旭化成名誉フェロー=8日、ストックホルムで(共同)

写真

ストックホルム大で受賞記念講演をする吉野彰・旭化成名誉フェロー=8日、ストックホルムで(共同)

写真

【講演要旨】

 吉野彰・旭化成名誉フェローのノーベル賞受賞記念講演の要旨は次の通り。

 ノーベル化学賞の受賞はとても光栄だ。特に企業研究者としての受賞に日本中が興奮した。何年も支えてくれた家族への大きな贈り物にもなった。

 1948年、大阪府吹田市で生まれた。外で遊ぶのが好きだった。9歳のときにファラデーの著書「ロウソクの科学」を読み、化学に魅了された。

 人生で最も良かった四つの決断は、京都大で化学を学んだこと、旭化成に入社したこと、妻の久美子と結婚したこと、そしてリチウムイオン電池の研究を始めたことだ。

 リチウムイオン電池の負極には、ノーベル賞を受賞した福井謙一氏や白川英樹氏らの研究も関わっている。福井氏は私の師の、さらに師に当たる。

 負極の開発は、白川氏が見つけた「ポリアセチレン」から始まった。金属のような光沢を持つプラスチックだ。だが(対となる)正極として使える材料がなくて困った。

 共同受賞者のジョン・グッドイナフ氏が、コバルト酸リチウムという材料を見つけた。これこそが正極にほしいものだった。

 私は、この二つの電極を使い現在のリチウムイオン電池の原型を作った。さらに旭化成の別グループが開発した炭素材料を負極に使って改良した。

 86年の実験で発火も爆発もせず、安全だと分かった。このとき私の電池が誕生した。

 今年のノーベル賞に選ばれたのには二つ理由がある。モバイルIT社会を実現したこと。もう一つは、持続可能な社会を支える技術となることだ。

 リチウムイオン電池市場は95年から急激に成長し、IT革命が始まった。次の革命はエネルギーと環境問題で起こるだろう。環境問題の解決と経済成長、便利な生活の三つをどうやって同時に実現させるか。私は出口があると信じている。

 私が描く未来社会の姿をビデオで紹介する。2030年、人工知能によって自動運転になった電気自動車「AIEV」が普及し、呼び出すと近くにいる車が自分のところに来てくれる。互いに通信しており、事故や渋滞はない。車は毎月の定額制で共有すれば、個人の費用負担は7分の1になる。

 街には電気ステーションがあり、太陽光や風力で作った電気を車に供給する。電気供給が不安定になれば車がステーションで放電し、電気を供給する。車は電気を運ぶ役割も担っており、蓄電インフラになる。快適な暮らしを我慢したり、節約したりせずに生活できる時代が来る。

 このような社会の実現には電池の耐久性の向上が必要だ。そうすれば電池は未来を変えられる。

 変化は自動車だけではなく、社会のさまざまな場所で起こる。技術革新により、持続可能な社会は近い将来、実現できる。リチウムイオン電池がその中心的な役割を果たすだろう。

(共同)

 

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索