トップ > 社説・コラム > 夕歩道一覧 > 記事

ここから本文

夕歩道(夕刊コラム)

夕歩道

 「検察官に国家公務員法の定年制は適用されず」。法改正時の政府答弁を突き付け、司法修習五十七期の山尾志桜里議員が同四十七期の森雅子法相を寄り切ったかに見えたのは十日の衆院予算委。

 そこへ首相の必殺技が炸裂(さくれつ)。昨日の本会議。「適用されぬ」としてきた政府の法解釈の存在を認めた上で「今般、検察官の定年延長に国家公務員法の規定が適用されると解釈することとした」と。

 集団的自衛権の憲法解釈さえ好きなようにひっくり返したのだから、法律の解釈変更など自由自在というおつもりかもしれぬが、それで法治国家と言えるのか。やじに専念してもらった方がいい。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索