トップ > 社説・コラム > 中日春秋一覧 > 記事

ここから本文

中日春秋(朝刊コラム)

中日春秋

 科学者ニュートンが述べたととも、別の偉人のものともいわれる警句がある。「人間は壁を造りすぎるが、橋は十分に造らない」。分断はたやすく、分かり合うことは、まれであると読めるだろう

▼第二次大戦後の欧米で、人類の分断を語る際によく使われている。象徴だったベルリンの壁が、崩壊からきょう三十年となる

▼驚きのニュースとともにもたらされた壁の上の人々のお祭り騒ぎの映像。今なお記憶にある人は、多いだろう。当時、ポーランドにいた西ドイツのコール首相は「パーティーを間違えた」とベルリンに飛んだそうだ。人類分断の時代が終わるのではないか。そんな高揚感がたしかにあった

▼ドイツの統一、ソ連の崩壊など想像を上回る激動が、次々に起きる一方で、時代は地域紛争やテロ、大量の難民が象徴する新たな性格も強めていく

▼人種、宗教、民族など、目に見えない壁をはさんだ激しい対立が中東などで生まれている。目に見える壁は、パレスチナや難民が押し寄せる欧州の国境地帯などで建設、強化された

▼今から数年前に、「ニュートンの警句」をツイッターでつぶやいたのが米大統領を目指していたトランプ氏である。だから壁を造るのだと独自の読み方をしたようだ。米南部の壁は強化され、国際関係の中に新たな見えない壁も生まれた。三十年を経ても、世界に壁は多く、橋は足りない。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索