トップ > 社説・コラム

ここから本文

社説・コラム

 政府が中東情勢の悪化を踏まえ、自衛隊派遣の検討に入った。米国主導の有志連合ではなく、独自の活動だというが、派遣の必要性や根拠に乏しい。調査・研究という「便法」を乱用すべきでない。 米国とイランとの対立により、中東情勢が緊迫の度を高めていることは否めない。(10月22日 紙面から) 記事全文へ

 

 来年一月の台湾総統選は事実上、与野党候補一騎打ちの構図が固まった。米国と中国は台湾海峡の覇権をめぐり干渉を強めているが、台湾の人たちの真の民意が尊重される選挙にしてほしい。 総統選には与党民進党の蔡英文総統と、野党国民党の韓国瑜高雄市長が出馬を表明した。(10月22日 紙面から) 記事全文へ

 

 「昨日の仇(あだ)は今日の味方、あら心安(こころやす)や、うれしやなあ」。歌舞伎『義経千本桜』で、勇猛な平知盛が語る。武運尽き、宿敵義経の前で、最期を迎える場面だ ▼『平家物語』以来だろうか。(10月22日 紙面から) 記事全文へ

 

 <ラグビーのラの字も知らず歓喜する>と、先日の小紙「時事川柳」に。当欄筆者などもその口だったが、いつの間にか、それオフロードだ、やれジャッカルだとか言いつつ展開を追えるように。 夢を見ているようだった一カ月が終わった。(10月21日 紙面から) 記事全文へ

 
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索