トップ > 社説・コラム

ここから本文

社説・コラム

 健全な司法か。「安全保障法制は違憲」と訴えた訴訟の全国初の判決が札幌地裁であった。だが、「訴えの理由がない」と原告敗訴。原告や証人の尋問も認めず、一刀両断する司法には失望する。 集団的自衛権の行使を可能にした安全保障法制は憲法に反するのではないか−。(4月23日 紙面から) 記事全文へ

 

 スリランカで、日本人を含む多数の死者を出す連続爆破テロが起きた。キリスト教徒や外国人が標的とみられる。宗教対立が背景にある可能性が高いが、報復など暴力の連鎖を許してはならない。 スリランカでは、仏教徒が70%で圧倒的に多い。(4月23日 紙面から) 記事全文へ

 

 日常的なあいさつにも、洋の東西では形に違いがある。日本を含む東はおじぎと合掌で、西は握手とキスである。民族学者の梅棹忠夫さんが一九五〇年代に随筆『東の文化・西の文化』で指摘している。(4月23日 紙面から) 記事全文へ

 

 衆院補選の応援か、G20の準備か。どちらを重視されたか存じ上げぬが、大阪入りの安倍首相が吉本新喜劇に飛び入りし、貿易摩擦や温暖化に「まあるくおさめまっせ、という形で解決策を」と。(4月22日 紙面から) 記事全文へ

 
地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索