トップ > 愛知 > 2月11日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

名古屋駅東口広場、現行より拡張の変更案可決 市都市計画審

写真

 名古屋市都市計画審議会は十日、名古屋駅東口駅前広場の区域について、現行よりも東側に広げる都市計画変更案を可決した。駅前のモニュメント「飛翔」も新区域に含まれる。リニア中央新幹線開業に向けた駅前再整備の手続きの一環。

 市が審議会に出した変更案では東口広場について、現在「飛翔」がある場所を含め東側へ約三千八百平方メートル広げる。新しい広場は広い見通しや動線を確保し、JRや名鉄、近鉄などの乗り換えを容易にする構想。市は今後「飛翔」を撤去し、二〇二七年のリニア開業に向け事業を加速させる。

 審議会ではこのほか、名古屋高速道路の黄金インターチェンジ(IC、名古屋市中川区)に、西行き入り口と東行き出口を新設する案と、同新洲崎ジャンクション(名古屋市中村区)に出入り口を新設する案も可決された。ともに名古屋駅の西と東で最寄りのICとなり、駅利用者のアクセス向上が期待される。

 (水越直哉)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索