トップ > 愛知 > 11月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

「生物多様性2020」へ連携 県と名古屋市

「あいち・なごや生物多様性2020」のロゴマークを発表する大村知事=県庁で

写真

 名古屋市で二〇一〇年に開催された生物多様性条約第十回締約国会議(COP10)から十年となる二〇年に向け、県と市は「あいち・なごや生物多様性2020」を掲げて生物多様性保存の活動を促進する。県は十一日、ロゴマークを発表し、NPOや企業、大学などから連携事業の募集を始めた。二〇年一月にはキックオフイベントを市内で開く。

 二〇年は、COP10で採択された「愛知目標」と国連総会で決議された「国連生物多様性の十年」の最終年。この年にCOP15が中国で開催され、新たな目標に切り替わる予定だ。

 県と市は「国連生物多様性の十年日本委員会」や環境省とともに一月十一、十二の両日、COP10の主会場だった名古屋国際会議場(名古屋市熱田区)で、成果を発表する催し「未来へつなぐ『国連生物多様性の十年』せいかリレーキックオフイベント」を開く。さかなクンによる基調講演やブース展示、ミニ授業などで理解を深めてもらう。

 一年を通じて機運を盛り上げるため、生物多様性に関する連携事業を広く呼び掛ける。連携事業にはロゴマークを活用してもらい、県や市もアピールを支援する。ロゴマークはCOP10のシンボルマークである一枚の葉を基に、十年間の取り組みを示す「十枚の葉と実」をデザインした。

 ごみ減量プロジェクトなどが連携事業として登録される見込みで、大村秀章知事は十一日の定例会見で「県内全体で生物多様性の機運醸成を図っていきたい」と述べた。連携事業の申請書は、県自然環境課のウェブサイト(「あいち・なごや生物多様性2020」で検索)からダウンロードできる。

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10) 2010年10月に名古屋市で開催され、179の締約国と関連機関などが参加した。動物や植物、微生物の資源利用に関し、保有国と利用国の公平な利益配分を取り決めた「名古屋議定書」と、20年までに「生物多様性の損失を止めるために効果的かつ緊急的な行動を実施する」として、生息地が失われる速度を半減させるなど20項目の個別目標をまとめた「愛知目標」が採択された。

 (中崎裕)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索