トップ > 愛知 > 10月24日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

「やると決め試行錯誤する男」 名大野球部・松田投手プロへ

中日に育成1位で指名され、チームメートに担がれポーズを取る松田亘哲投手=17日、名古屋市千種区の名古屋大で

写真

 中日ドラゴンズから育成ドラフトで一位指名された名古屋大硬式野球部の松田亘哲(ひろあき)投手(22)。岩倉市出身で、江南高校時代はバレー部に所属した異色の経歴の持ち主だ。名大初のプロ野球選手を生んだ「秘密」を探ろうと、ゆかりの人たちを訪ねた。

高校時代のアルバムを見ながら思い出を語る百瀬さん=岩倉市八剱町で

写真

 「やると決めたら考えて試行錯誤する男。当然のことかも」。中、高、大学の同級生で、高校のバレー部で共に汗を流した百瀬信之さん(22)=岩倉市八剱町=は語る。

 バレー部で「野球の投げ方を矯正したくない」と守備役のリベロのポジションを選んだ松田投手。百瀬さんは「野球への思い入れがあるからなのかな」と感じたという。試合中にミスをすると、考え込んだ表情でフォームを何度も確認する姿が心に残っている。

 高校三年生の冬、百瀬さんは松田投手からキャッチボールに誘われた。高校裏の公園で彼の球を受け止めた。受験勉強の息抜きかと思ったが「あの時、もう野球をやると決めていたのかな」と振り返る。京大卒のプロ野球選手が誕生し、世間を騒がせたのもこのころ。「刺激になっていたみたい。『おまえも名大初になる?』と冗談で話した」と懐かしんだ。

 大学で就職活動が始まり、周りが内定をもらう中「俺の就活はマウンド」と試合に向かう姿も覚えている。百瀬さんは「彼を見ていて、一度あきらめた夢も実現できるんだと思った。そういう人の希望になる選手になってほしい」と親友にエールを送った。

 地元でスポーツ推進委員を務める横地孝典さん(52)=岩倉市東町=は、松田投手の少年時代を知る一人だ。

「バレーをやってほしかった」と悔しがる横地さん=大口町新宮2で

写真

 松田投手が小学生時代に所属した岩倉北野球スポーツ少年団のコーチだった横地さんは、きれいなフォームで投げる姿が印象に残っている。小学校時はエースで主将を務めた松田投手だったが、小柄だったこともあり、中学時代は一転、外野手の控えに。その後、高校でバレー部に入ったと知り「野球はあきらめてしまったのかなと思った」。

 しかし、横地さんも長年のバレー経験者。うれしくなって自分が教えるママさんバレーの練習に誘った。松田投手は、岩倉に住むバレー部の仲間と毎週通ううち、すぐにスパイクを飛び込んでレシーブするなど才能を発揮したという。

 「大学でもバレーをやってほしかったのに…」と悔しがるが、「ひろ(松田投手)の夢がかなったんだから、そりゃうれしい。前に出るタイプじゃないから心配だけど、このまま力を付けていけば支配下登録も夢じゃない」と期待した。

 (鈴木里奈)

 【土平編集委員のコメント】今日紹介したのは、愛知県一宮市や岩倉市などを対象にした尾張版の記事です。小学生時代の私の夢は、サッカー選手になることでした。中学生になってサッカー部の練習を見学に行き、厳しそうだったので、あっさり入部をあきらめた根性なしでしたが…。松田投手は小学校時代からの夢を持ち続けたのでしょう。高校で野球をやっていないプロ野球選手は珍しいと思いますが、それだけに意志の強さを感じます。今は「名大初」など経歴の話題が先行している松田投手。ぜひ支配下登録選手になり、1軍のマウンドで投げてもらいたいと思います。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索