トップ > 愛知 > 10月20日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

豪快な山車に大歓声 豊田で「挙母祭り」開幕

紙吹雪を舞わせながら町中を巡る山車=名鉄豊田市駅前で

写真

 豊田市の挙母神社の例祭「挙母祭り」が十九日、市中心部で開幕した。県有形民俗文化財のきらびやかな山車八台が町中を巡った。二十日にはクライマックスの「本楽」が催される。祭りの最後を飾る山車の「泣き別れ」を、今年は令和の始まりを記念して名鉄豊田市駅前で実施する。

 昼すぎ、名鉄豊田市駅前に下町地区五町の山車五台が集結。雨が心配されたが、「ワッショイワッショイ」という掛け声とともにそれぞれの町衆が力強く山車を引いた。紅白や青、黄色の色とりどりの紙吹雪を舞わせながら駅前ロータリーをぐるりと一周。豪快にカーブを曲がると、見物客から大きな歓声が上がった。

 二十日の本楽では、午前十時ごろから全八台が挙母神社の境内に駆け込む。獅子舞や子ども歌舞伎などが奉納。その後、山車が勢いよく境内を出る最大の見せ場「曳(ひ)き出し」が午後四時ごろに予定されている。

 (森本尚平)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索