トップ > 愛知 > 10月9日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

恋愛スポット、あちこちに 名古屋・北区、12月に婚活イベント

黒川に架かる夫婦橋の欄干=名古屋市北区で

写真

 名古屋市北区が黒川近くに点在する恋愛スポットを活用し、区の魅力を発信している。12月15日には、黒川沿いを走りながら異性との会話を楽しむ婚活イベント「ランニングコン 黒川恋の道」を計画。ウオーキングコースとしても人気のある道を地域おこしに活用する。ランニングコンの受け付けは11日から。

 恋愛スポットは区の南部を東西に横断する黒川やその近くに目立つ。

 区によると、黒川に架かる「夫婦(めおと)橋」は、黒川沿いにかつて流れていた用水路に架かる橋と並ぶ様子が連れ添うようだったことから、そう命名された。この下流に架かる「瑠璃光(るりこう)橋」には、千代という女性が婚約者と早く結婚しようと、橋を渡って成福寺に祈ったとの言い伝えが残る。

織り姫とひこ星にまつわる伝説が残る多奈波太神社=名古屋市北区で

写真

 黒川の右岸近くの「多奈波太(たなばた)神社」には、織り姫とひこ星にまつわる伝説が残る。境内に生える「乳イチョウ」は、母乳に恵まれる効果があるとされる。

 区の担当者は「地元をPRできる新たな切り口になると思う」と恋愛スポットに期待を寄せ、これまでにスタンプラリーなどの事業を実施してきた。昨年からは「ランニングコン」を企画。四回目の今回は男女十五人ずつが二列になり、会話をしながら黒川沿いなどの約三キロをゆっくり走り、恋愛スポットを訪れる。走った後は軽食を楽しんだり、木工細工を体験したりして、異性との交流を深めてもらう。

ランニングコンをPRする区の職員=名古屋市北区役所で

写真

 対象は二十五歳以上四十五歳未満の独身の男女で、参加費は二千円。異性と話しながら約三キロを走りきれる体力があることも条件となる。男女各十五人の定員になり次第、募集を締め切る。

 区の担当者は「今回の企画が若い世代に区の魅力を知ってもらうきっかけになれば。もしカップルや夫婦になったら、再び北区を訪れてほしい」と話している。(問)区地域力推進室=052(917)6433

 (清水裕介)

写真
 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索