トップ > 愛知 > 9月18日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

児童手当計87万円支払い不足 豊橋市、3世帯

 豊橋市で児童手当の通知内容などに誤りが見つかった問題で、市は十七日、給付金額を算出するプログラムで新たにミスがあり、二〇一五〜一八年度に市内三世帯に対し、計八十七万五千円の支払い不足があったと発表した。最大で一世帯六十六万円の不足。市は謝罪するとともに、今月中に不足分を支払う予定。

 児童手当制度では、給付月額は一定の所得額を超えると、子ども一人当たりが児童手当より少ない一律五千円の特例給付となる。市こども家庭課によると、一五年一月のシステム改修で、先物取引による所得を二重で計上してしまうミスがシステム上にでき、本来は児童手当とすべき三世帯を特例給付の世帯だと算定していた。

 市は今月、税制改正に伴うシステム改修で別のプログラムミスがあり、十月に支給する児童手当の通知内容などで約六百件の誤りが判明。その後の調査で、今回のミスが見つかった。

 一方、本来の給付額より一万円多く払っていたケースもさらに一件あり、今後返還を求める。市の担当者は「対象の皆さまにご迷惑をおかけしたことを深くおわびしたい」と陳謝した。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索