トップ > 愛知 > 9月2日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

義足ダンサー大前さん「続けることが大切」 名古屋で講演、体験紹介

力強いパフォーマンスを披露する大前さん=名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で

写真

 リオデジャネイロ・パラリンピック閉会式に出演して注目を集めた義足のダンサー大前光市さん(39)=岐阜県下呂市出身=が八月三十一日、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で講演した。自らの体験を紹介しつつ、感情表現豊かなダンスを披露した。

 日本精神保健福祉士協会が開いた全国大会と学術集会に合わせ、市民向け講座として企画した。

 大前さんは大学卒業後にプロのダンサーを目指していた時に車にはねられ、左膝から下を切断した。練習に復帰した当初を「他の人と同じ動きができなくて先が真っ暗になり、大泣きしたこともあった」と振り返った。

 モダンダンスやヨガなども取り入れ、現在の独創的なスタイルを確立したという。「続けていくことは大切なこと。十年ぐらいもがいた後、さまざまなバックグラウンドがある友人たちと練習するようになって『こんな俺でもいいのか』と思った」と語った。

 スクリーンで過去のパフォーマンス映像も流しながら、ダンスに合わせて開発した義足も紹介。「普通の人と同じ動きをしても面白くない。わざと長かったり、電飾したりした義足を使って、唯一無二の人として目立つことができる」と話した。講演の合間に力強いダンスを見せると、観客から大きな拍手が湧いた。

 (森若奈)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索