トップ > 愛知 > 8月20日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

「表現の不自由展」再開求める署名提出 横浜の美術家が県に

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画「表現の不自由展・その後」が脅迫などを受けて中止に追い込まれた問題で、再開を求めてインターネット上で署名活動をしている横浜市の美術家井口大介さん(60)が十九日、十六日までに集まった二万六千六百六十五筆を県に提出した。

 提出後に県庁で会見した井口さんは「肯定でも否定でも、議論は展示を見た上でなされるべきだ。中止の判断には『くさいものにはふたを』との考えが透けて見え、いわゆる右派の人たちからも批判の声が寄せられている」と訴えた。署名は署名サイト「change.org(チェンジオルグ)」で三日から募り始め、今後も続ける。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索