トップ > 愛知 > 8月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

幻想的球体、夏の夜彩る 長久手・モリコロパーク

色とりどりの球体が並ぶ会場=長久手市の愛・地球博記念公園内地球市民交流センターで

写真

 長久手市の愛・地球博記念公園(モリコロパーク)内地球市民交流センターで、百以上の色とりどりの球体が並べられ、夏休み中の親子連れらでにぎわっている。午後六時半〜八時半。十五日まで。

 静かな夜のモリコロパークを盛り上げようと、週末に「トランポリン」などを提供するNPO法人と同センターが協力し、今年初めて実施した。

 芝生の上に並べられた球体に囲まれる形で、さまざまな形状のいすも並べられており、座ったり隠れたり、思い思いの角度から撮影を楽しめる。

 家族四人で訪れた守山区のカユモワ・ザラさん(29)は「子どもたちのかわいくておしゃれな写真を撮ることができた」と声を弾ませた。

 NPO職員の望月雄斗さん(25)は「なかなか見ない形のイルミネーション。すてきな写真を撮ってインスタグラムにアップして」と呼び掛けた。

 (西川侑里)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索