トップ > 愛知 > 7月12日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

豊田大橋で落書き、地面に鉄製パイプ 市が被害届

落書きされた豊田大橋の橋脚と、セメントのようなもので固定された鉄パイプ=豊田市白浜町で(市提供)

写真

 豊田市白浜町の白浜公園で十、十一日、公園の上に架かる豊田大橋の橋脚と橋げたに落書きされ、公園内の地面には鉄製パイプが無許可で設置されているのが相次いで見つかった。

 落書きはスプレーでアルファベットや数字が書かれていた。鉄パイプはコの字形で、両端を埋めて十センチほどの高さになるように設置。一部はセメントのようなもので固められていた。

 市公園緑地整備課によると、鉄パイプはスケートボードで飛び越えたり、パイプの上を滑走するなどしていたとみられる。

 公園はリニューアル工事中で、作業員や市職員が相次いで被害を発見した。九日午後五時ごろに異常はなかったという。市は豊田署に被害届を出した。落書きの消去と鉄パイプの撤去に計約七万円かかる見通し。

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索