トップ > 愛知 > 6月20日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

一色うなぎ漁協が直営店 112席、お値打ちに提供

一色うなぎ漁協がオープンさせる「うなぎ処いっしき」=西尾市一色町で

写真

 西尾市の一色うなぎ漁協直営店「うなぎ処いっしき」が二十四日、同市一色町小薮の海岸近くにオープンする。

 うなぎ漁協が地元産ウナギのPRにつなげようと出店。県外からウナギを目当てに西尾市を訪れる観光客が増えているものの、ウナギを食べられる場所が少ないという声にも応える。

 完成した店は鉄骨造り約五百平方メートル。和風の落ち着いた雰囲気の店内には、壁紙やしきりにウナギを連想させる丸い模様や波形を取り入れた。全百十二席。名産のウナギを使った丼やひつまぶし、肝丼、白焼きなどを提供する。ウナギ一匹分を使った丼二千六百円、ウナギ半分の丼千六百円と、都市部のうなぎ店と比べて安価に楽しめる。

2600円で提供する1匹分を使ったうなぎ丼

写真

 店の隣には地元の特産品を売る一色さかな広場があり、佐久島へ渡る渡船乗り場もすぐ近く。山本浩二組合長は「近くの施設との相乗効果も期待できる。西尾の観光振興にも一役買える店にしたい」と話す。水曜休み。(問)うなぎ処いっしき=0563(65)0141

 (宇佐美尚)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索