トップ > 愛知 > 5月26日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

世界最大ウサギの赤ちゃん 岡崎・東公園動物園で一般公開

4月に生まれた3匹のフレミッシュジャイアント=岡崎市欠町の東公園動物園で

写真

 世界最大のウサギ「フレミッシュジャイアント」の赤ちゃん三匹の一般公開が二十五日、岡崎市欠町の東公園動物園で始まった。

 三月五日に同園にやってきた「ぐり」が、四月二十五日に出産した。父親は同園で生まれた「ブル太」。体長五・六センチで生まれたが、一カ月で三〇センチまでにぐんぐん成長。大人になると体長五〇〜七〇センチ、平均体重は六キロほどになる。ぐり似の黒っぽい毛が一匹と、ブル太似のグレーの毛が二匹で、性別が判明したら名前を付ける。

 真夏日となったこの日は、暑さに慣れない様子で、保冷剤が置かれた日陰に集まった。目を細め、くつろぐ姿に、来園者からは「大きいね」「かわいい〜」と声が上がった。

 公開は午後一時半から二時半までの一時間で、状態を見ながら時間を延ばしていくという。担当飼育員の向井みゆきさんは「赤ちゃんたちが慣れてきたら、触れ合える機会も設ける予定です」と話している。

 (細谷真里)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索