トップ > 愛知 > 4月13日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

豊根村で保育料完全無償に 国に先駆け開始

保育料が完全無償化された村立杉の子保育園の園児たち=豊根村上黒川で

写真

 豊根村は今月から、保育料の完全無償化をスタートさせた。今秋始まる国の無償化措置を前倒し、所得条件などの規定も撤廃した。子育て世代の支援を通し、持続可能な村づくりにつなげていくという。

 国は十月から五〜三歳児の保育料を所得条件なしで、二〜〇歳児は住民税の非課税世帯を対象に、それぞれ無償化する。

 豊根村はこれに先駆け、二〇一九年度当初予算に経費百七十万円を計上。奥三河三町村では初めて、村内の五〜三歳児十人と二〜〇歳児七人の保育料の無条件無償化に踏み切った。

 人口千二百人足らず。県内最小の自治体の先進的な取り組みの背景には、村の存続への強い思いがある。伊藤実村長は子育て世代の支援を政策の柱に据え、結婚・出産祝い金の支給、子どもの医療費や保育園給食費、通園・通学バス代の100%助成、給食費の無料化、高校生の下宿代補助などさまざまな支援制度を設けてきた。

 村民一人当たりの所得は、東三河の平均を百万円ほど下回る。一方、村内で子ども二人を持つ家庭に対する村の年間支援額は一世帯当たり百万円を超すとの試算もある。この金額を所得に加算すれば、東三河の平均にほぼ匹敵する。

 伊藤村長は「子どもは地域の宝。安心して暮らせる村づくりに子育て支援は欠かせない。財政は厳しいが、頑張って『日本一の子育て支援の村』にしていきたい」と語った。

 (鈴木泰彦)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索