トップ > 愛知 > 3月24日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

南山女子部が熱演 豊橋で春季全国高校演劇開幕

ジェンダーを取り扱った演劇を披露する南山高女子部の演劇部員たち=豊橋市西小田原町の穂の国とよはし芸術劇場プラットで

写真

 春季全国高校演劇研究大会が二十二日、豊橋市西小田原町の穂の国とよはし芸術劇場プラットで開幕した。二十四日まで。入場無料。昨年十二月のブロック大会で選ばれた全国の九校と、開催県枠の南山高女子部の演劇部が出場。初日は南山を含む三校が登場した。

 南山高女子部は、塾の仲良し六人組の一人がストーカー事件に巻き込まれ、犯人捜しをする中で性別を巡る違和感に気付いていくオリジナル作品「by us」を披露。脚本を手掛けた渡辺鈴さん(二年)は「ジェンダーについて思い込みに気付いてもらえるよう工夫した」。山口紗香さん(一年)は「みんなで相談して、無駄をそぎ落とした演劇ができた」と笑顔で振り返った。

 (星野桃代)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索