トップ > 愛知 > 3月15日の記事一覧 > 記事

ここから本文

愛知

デンパークに恐竜ロボ 安城、16日オープン

ティラノサウルス(右)など恐竜ロボット16体が展示された「ディノランド」=安城市赤松町のデンパークで

写真

 安城市赤松町のデンパークで十六日、ロボットの恐竜十六体を展示した「ディノランド」がオープンする。十四日、報道陣に公開された。

 園中央の「不思議の森」の一部三千平方メートルを整備し、木々に囲まれた遊歩道二百メートルに沿って全長二〜五メートルの恐竜を配置。人感センサーが反応すると、ロボットの頭や尾が動き、鳴き声を発する。

 ティラノサウルスがトリケラトプスの親子を襲う場面が展示の目玉。牙をむき出しにする様子は迫力がある。イグアノドンやベロキラプトルも並べられた。

 この日は近くの赤松保育園の年長児二十四人が招かれた。安藤仁太ちゃん(6つ)は「牙も大きかったし、尻尾も動いていた」と楽しんだ様子だった。

 ディノランドは来年三月一日まで。入園料と別に三歳以上五百円が必要。

 十六日からはデンパーク館で童話「不思議の国のアリス」をテーマにした企画展(大人五百円、小中生四百円、三歳以上三百円)も始まる。

 (福沢和義)

 

この記事を印刷する

中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井 読者の方は中日新聞プラスで豊富な記事を読めます。

新聞購読のご案内

PR情報

地域のニュース
愛知
岐阜
三重
静岡
長野
福井
滋賀
石川
富山
地方選挙

Search | 検索