香取慎吾&稲垣吾郎 ドラマで7年ぶり共演 アマゾンプライム「誰かが、見ている」

2020年8月5日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ドラマで7年ぶりの共演となった稲垣吾郎(左)と香取慎吾

ドラマで7年ぶりの共演となった稲垣吾郎(左)と香取慎吾

  • ドラマで7年ぶりの共演となった稲垣吾郎(左)と香取慎吾
 元SMAPで俳優の稲垣吾郎(46)と香取慎吾(43)が、動画配信サービス・Amazon Prime Videoのオリジナルドラマ「誰かが、見ている」(9月18日から配信)でドラマでは7年ぶりの共演を果たす。
 脚本家の三谷幸喜さん(59)が手掛け、出演者と舞台を固定し、登場人物の置かれた状況で笑わせるシチュエーションコメディー。香取が演じるのは、ありえない失敗ばかりを繰り返す主人公の舎人真一。稲垣は日本を代表する演歌歌手で、海外でも活躍するスターのレッツ大納言を演じる。解禁された場面は、偶然にも舎人の大ファンになってしまったレッツが、本人に会いたい一心で舎人を訪ねるシーン。2人が絡んで物語が大きく動くことになる。
 2人のドラマ共演は、2013年にフジテレビ系で放送された三谷さんが脚本・演出を手掛けた特番内でのドラマ企画「『古畑任三郎 VS SMAP』その後…」以来7年ぶりとなった。香取は「吾郎ちゃんと一緒にセリフを言い合う芝居は、ほぼ初めてに近かったのですごく新鮮でしたね」、稲垣は「いつも隣にいて、歌ったり踊ったりしている時の彼とは違うので、面白かったし、うれしかったです」と撮影を振り返った。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ