福谷3失点今季初黒星「テンポよく粘り強く途中まで投げられたが、最後ああいう形でリリーフに渡してしまったので申し訳ない」

2020年8月5日 06時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNA戦に先発し5イニング0/3で3失点、今季初黒星を喫した中日の福谷

DeNA戦に先発し5イニング0/3で3失点、今季初黒星を喫した中日の福谷

  • DeNA戦に先発し5イニング0/3で3失点、今季初黒星を喫した中日の福谷

◇4日 DeNA3-0中日(横浜)


 梶谷、神里に連打を許して招いた6回無死二、三塁の大ピンチ。迎える打者はソト。福谷はひるまず攻めた。内角への150キロ。やや詰まらせたが、打球は自身の足元を襲う。バランスを崩し、右足付近に当たった。この間に2点目を許した。
 顔をゆがめ、悔しがった。痛みで苦悶(くもん)の表情を浮かべたわけではない。この1点の重みは、重々承知していた。さらに、次打者の佐野には中前にはじき返され、もう1点。与田監督はベンチを出て、交代を告げた。
 5イニング0/3で被安打7の3失点。今季初黒星を喫した。福谷は降板後、「自分らしくテンポよくは投げられたし、粘り強く途中まで投げられたのですが、最後、ああいう形でリリーフに渡してしまったので申し訳ないです」と反省の弁を述べた。
 ただ、決して悲観するような内容ではなかった。4回の失点も、打ち取ったような当たりが重なった揚げ句の、併殺打の間による先制点だった。与田監督も「点は取られたけど、前回に引き続きストライクカウントをどんどん先行する攻めの投球はできたと思う。本当によく頑張ってくれたと思う」とねぎらった。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ