ヤクルト清水痛恨3ラン被弾逆転負けに高津監督「勝負事なので。反省して明日どう戦うかが大事」

2020年8月4日 22時49分

このエントリーをはてなブックマークに追加
清水から勝ち越しの3ランを放った田中広(中)。右は村上

清水から勝ち越しの3ランを放った田中広(中)。右は村上

  • 清水から勝ち越しの3ランを放った田中広(中)。右は村上

◇4日 ヤクルト3-6広島(神宮)

 ヤクルトは4日、神宮球場での広島戦で終盤に救援陣が踏ん張れず逆転負けを喫した。3点リードの7回2死から登板した2番手・マクガフが同点3ランを被弾。8回にはリーグ最多の13ホールドを記録している3番手・清水も3ランを浴びた。痛恨の逆転負けで引き分け一つを挟み今季初の3連敗。高津監督は「勝負事なので負けることもある。反省して明日どう戦うかが大事」と強調した。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ