ドンキ柳ケ瀬店閉店に地元商店主ら不安の声

2020年8月5日 05時00分 (8月5日 09時17分更新) 会員限定
「完全閉店大感謝祭」の案内を掲げる店内   =岐阜市徹明通のドン・キホーテ柳ケ瀬店で

「完全閉店大感謝祭」の案内を掲げる店内   =岐阜市徹明通のドン・キホーテ柳ケ瀬店で

  • 「完全閉店大感謝祭」の案内を掲げる店内   =岐阜市徹明通のドン・キホーテ柳ケ瀬店で
 岐阜市の繁華街の一角にあり、十月二十五日で閉店することが明らかになったディスカウント店「ドン・キホーテ柳ケ瀬店」。食料品からパソコンの周辺機器まで何でもそろい、多くの買い物客が集まる場所だった。中心市街地に回遊性を持たせる拠点として期待を集めていただけに、「顔」の一つがなくなることに経済界や地元商店主から不安の声が聞かれた。
 「まったく初めて聞いて驚いている。閉店の話が本当であれば、大変寂しく残念だ」。岐阜商工会議所の村瀬幸雄会頭は閉店の一報を聞き、本紙の取材にこう語った。
 ドンキ店内には「10年間の感謝を込めて完全閉店大感謝祭!!」との案内が四日から張り出された。買い物を終えて出てきた同市のパート西脇真理子さん(51)は「値段が手ごろで入りやすかった。なくなると嫌だ」と閉店を惜しんだ。同市の七十代の主婦は「(市内に)別の系列店がオープンしたとき、この店は続けられるのか心配だった。都市のドーナツ化が進んでいるように感じる」とした。
 柳ケ瀬店は二〇一一年四月にオープン。同市商店街振興組合連合会(市商連)などが、大型商業施設「岐阜メルサ」の撤退後のビルに誘致した。
 市商連の北川均理事長(...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

岐阜の最新ニュース

記事一覧