【滋賀】特養で新たに3人感染 県が対策班を派遣

2020年8月5日 05時00分 (8月5日 05時00分更新) 会員限定
クラスターが発生した特別養護老人ホーム「レーベンはとがひら」=甲賀市水口町水口で

クラスターが発生した特別養護老人ホーム「レーベンはとがひら」=甲賀市水口町水口で

  • クラスターが発生した特別養護老人ホーム「レーベンはとがひら」=甲賀市水口町水口で
 県は四日、県内の二十〜九十代の男女五人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。いずれも軽症か無症状。このうち三人は、三日にクラスター(感染者集団)が発生した甲賀市の特別養護老人ホームの入所者と職員で、同ホームで感染が判明しているのは計十六人となった。県は濃厚接触者以外も広く検査対象とし、今後、入所者や職員百二十人に検査を行う。 (芳賀美幸)
 クラスターが発生した特別養護老人ホームについて、甲賀市は「レーベンはとがひら」(同市水口町)と公表した。
 新規の陽性患者のうち、同ホームの関連は、いずれも入所者の八十代女性と九十代女性、介護職員の二十代女性。
 ホームや県によると、入所者は個室で生活していた。共同スペースで三〜六人が一緒に食事をとることはあったが、コロナの感染拡大に伴い、入所者が集まる場は制限していたという。職員には外出を極力控えるよう呼び掛け、入所者の介助の度に手袋を交換するなどの対策をしていた。
 県は、ホームにクラスター対策班を派遣し、施設での濃厚接触者の特定を進めるほか、今後の施設運営についても協議。検査対象となる職員は九十人に上るため、他の入所者への対応など当面の業務継続...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報