19イニング0行進の中日・与田監督「簡単ではない」 根尾初スタメンには「どんどん使っていきながら活躍してほしい」

2020年8月4日 21時17分

このエントリーをはてなブックマークに追加
DeNAに敗れ、ベンチを後にする根尾

DeNAに敗れ、ベンチを後にする根尾

  • DeNAに敗れ、ベンチを後にする根尾

◇4日 DeNA3ー0中日(横浜)

 中日は4日、横浜スタジアムでのDeNA戦に0―3で完敗。今季5度目のゼロ封負けで、連続無得点も19イニングに伸びた。与田監督は試合後のリモート取材で重い口を開いた。
  ◇  ◇  ◇
―先発福谷は3失点。内容については?
 与田監督「点は取られましたけど、前回に引き続き、ストライクカウントをどんどん先行する、攻めのピッチングはできたと思います」
―低めにボールが集まっていた
 「そう思います」
―福谷が降板後、本人のところに行ったが、どんな言葉をかけたのか
 「もうホントによく投げてくれたというところで、打球も当たってたので、すぐに見てもらってくれという話でしたけど、ホントに、よく頑張ってくれたなというところでしたね」
―打球が当たったが、大丈夫か
 「今から確認するので…。でも、試合中に変な話はなかったので大丈夫だと思いますよ。細かい箇所とか、打撲の程度とか、そういったものはこれからの報告になると思うので。でも大丈夫だと思います」
―相手先発の井納も好投した。2試合連続で無得点だったが、得点するためのカギは?
 「やっぱり簡単ではないですけど、ストライク、ボールの見極め、甘いところが振れずに、ボール球に手が出てしまうというような傾向もあるし…。でも、それは、簡単ではないので、とにかく意識も含めて、また取り組んでいくしかないですよね」
―打線には連打、長打が求められる
 「もちろん、それはホームランが出て、一振りで流れが変わるというのも理想ですけど、これはとにかく、次に向かっていくしかないので」
―根尾が1軍に上がってプロ初スタメン。どんな思いで1番に起用したのか
 「状態もいいですし、先頭バッターとして、長打力もありますし、相手チームに与える印象もそうですし、打席も数多く回るでしょうから、いろんなチャンスが回ってくればいいなという思いもありましたけど」
―根尾のバッティングも含めて動きはどうだった?
 「ずいぶんいい動きをしてますから、ヒットは出ませんでしたけど、これからどんどん使っていきながら、活躍してほしいと思っています」
―8回の代打は左投が起用されたところもあったのか
 「いろんな戦術の中であそこは代打を出しました」
―8回裏は浜田達が4年ぶりに登板した。
 「よく抑えましたね。あと1点、4点目を取られるとホントにガクッと来るところでしたから、いいピッチングでした」
―福谷が降板の後、2番手の佐藤が好投
 「大胆にストライクゾーンに投げ込む、やっぱり強気に攻めていかないとなかなかああいうところは抑えられないので、ホントに流れはいい流れをつくってくれたと思います」

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ