モト冬樹が“アベノマスク卒業”安倍首相の心中を推測「きっともっと大きいマスクをと思ってらしたんじゃないかな」

2020年8月4日 14時07分

このエントリーをはてなブックマークに追加
モト冬樹

モト冬樹

  • モト冬樹
 タレントのモト冬樹(69)が4日、ブログを更新し、大きめのマスクを着用し始め”アベノマスク卒業”と騒がれている安倍晋三首相について言及。「心の中ではもっと大きいマスクを着けたいと思ってらしたんじゃ」と疑問を投げかけた。
 安倍首相は今月1日から、これまでの小さめな布マスクではなく、あごまで完全に隠れる大きい布マスクを着用し始め、ネット上などで「アベノマスク卒業?」といった反応があった。アベノマスクとは、首相が新型コロナウイルス対策に配布表明をしたマスクを意味する言葉。感謝される一方、サイズが小さいなど使用感に不満が出ていた。
 「総理のアベノマスク卒業」と題して更新されたブログでは、「安倍総理がとうとうアベノマスクを卒業した 理由としてはマスクの品薄状態が解消されたためと発言されていた」と解説。続いて「自分が発案したものだから ずっとアベノマスクを着け続けていた総理」と建前で使用してきたという持論を展開すると「きっと心の中ではもっと大きいマスクを着けたいなと思ってらしたんじゃないかな?」と推測していた。最後は「なんだか面白いね」と短く締めていた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ