成人式の対象は22年以降も20歳 草津など県内12市町

2020年8月4日 05時00分 (8月4日 11時25分更新) 会員限定
 草津市など県内十二市町は三日、成人年齢が二十歳から十八歳に引き下げられる二〇二二年四月以降も、成人式は従来通り二十歳を対象に実施すると発表した。
 発表したのは、大津、彦根、長浜、草津、守山、甲賀、野洲、湖南、高島、東近江、米原の各市と甲良町。二二年四月に改正民法が施行され、成人年齢が十八歳となる。一方で、各市町では「十八歳を対象にすると受験や就職などで余裕がない」「飲酒や喫煙などは二十歳から可能。権利や義務を負うことに伴う自覚を促す節目の機会とする」などの理由で、二十歳を対象に成人式を開くとした。
 近江八幡市、竜王町も従来通り二十歳を対象とする方針。その他の市町は検討している。 (森田真奈子)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧