救命学ぶ冊子、全小学校に 新型コロナ対策を追加

2020年8月4日 05時00分 (8月4日 11時49分更新) 会員限定
新型コロナウイルスに対応した救命法が載っているノート

新型コロナウイルスに対応した救命法が載っているノート

  • 新型コロナウイルスに対応した救命法が載っているノート
  • ノートの内容を解説する三重大医学部付属病院救命救急センターの今井センター長=津市江戸橋で
 子ども向けに救命方法を解説した「きゅうめいノート」が、今年から津市立の全小学校の五、六年生に配られている。作成に携わった三重大医学部付属病院救命救急センター(同市江戸橋)の今井寛センター長(60)は「ノートで学んだ子どもたちが親や兄弟に教えていけば、将来人を助けられる人が増える。夏休みを使って、よく勉強してくれたら」と話す。 (杉山果奈美)
 応急手当てを知り、救命率の向上につなげる市の子ども救急教育プロジェクトの一環。市と同センターが二〇一八年から、ノートの作成や講習会の実施などに取り組んできた。
 昨年は希望した市内六校の五、六年生約五百人が参加し、夏休みに「きゅうめいノート」で自主学習に励んだ。十一月には約二十人が市消防本部で実践的な講習も受けた。
 今年は、新型コロナウイルス感染対策に関する項目が加わった。市教委は「新型コロナや救命について知ることが子どもの生活に役立つ」として、全市立小の五、六年生の約四千七百人への配布を決めた。
 ノートでは、救命の基本となる胸骨圧迫や自動体外式除細動器(AED)の使い方などを説明している。新型コロナについては、正しい知識や感染対策を詳しく解説。胸...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報