王位戦7番勝負第3局、シリーズ初の相矢倉に

2020年8月4日 11時02分 (8月4日 12時56分更新) 会員限定
第61期王位戦7番勝負の第3局で、初手を指す藤井聡太棋聖(手前左)と木村一基王位(同右)=4日午前、神戸市、中の坊瑞苑で

第61期王位戦7番勝負の第3局で、初手を指す藤井聡太棋聖(手前左)と木村一基王位(同右)=4日午前、神戸市、中の坊瑞苑で

  • 第61期王位戦7番勝負の第3局で、初手を指す藤井聡太棋聖(手前左)と木村一基王位(同右)=4日午前、神戸市、中の坊瑞苑で
 将棋の木村一基王位(47)に藤井聡太棋聖(18)が挑戦している第61期王位戦7番勝負(中日新聞社主催)の第3局が4日午前9時、神戸市北区有馬町、有馬温泉の旅館「中の坊瑞苑」で始まった。
 最年長で初タイトル「王位」を獲得した人気棋士と、史上最年少で初タイトルの棋聖を獲得したばかりの高校生棋士による注目の一戦。相居飛車の2局を藤井が連勝して迎えた第3局は、二冠に向けて王手をかけたい藤井と、巻き返しに向けた1勝目を挙げたい木村の双方にとって正念場の一戦となる。
 午前9時、立会人の淡路仁茂九段(70)の合図で、先手番の藤井が初手を「7六歩」と指し、木村は「8四歩」と応手。木村の4二銀(8手目)で、本シリーズ初となる相矢倉の戦型になった。藤井が34分考えて放った5八金(33手目)は、端攻めされることを想定したバランス重視の一手。副立会人の都成竜馬六段(30)は「研究してきた駒組みは終わり、力勝負の局面になってきた」とし「今後は手広い展開が予想される」と話した。
 持ち時間は各8時間。初日は午後6時で指し掛け、手番が封じる。2日目の5日は午前9時に再開し、夜までに決着する見通し。対局の模様は王位戦...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

囲碁将棋の最新ニュース

記事一覧