屋外飲食 予防しっかり 七尾の市民団体 開催

2020年8月4日 05時00分 (8月4日 10時30分更新)
新型コロナウイルス感染予防でフェースシールドを着けたスタッフからビールを受け取る参加者=七尾市府中町で

新型コロナウイルス感染予防でフェースシールドを着けたスタッフからビールを受け取る参加者=七尾市府中町で

  • 新型コロナウイルス感染予防でフェースシールドを着けたスタッフからビールを受け取る参加者=七尾市府中町で

スタッフにシールド、座席に間隔
「新しい取り組みを」


 七尾市の市民団体「七尾マリンシティ推進協議会」は二日夜、七尾市府中町の能登食祭市場などで、新型コロナウイルス感染予防の対策を取りながら屋外で飲食を楽しむ「ソーシャルディスタンスガーデンNANAO」を開いた。コロナの収束が見通せない状況でのにぎわいづくりを目指しており、新鮮な試みが参加者を楽しませていた。七、八日も開かれる。(中川紘希)
 七尾青年会議所、七尾商工会議所青年部などと協力し、能登食祭市場周辺の七尾マリンパークエリアに、計三十席を設置。参加者は付近の飲食店でテークアウトした料理や市場で提供している海鮮類などを、ビールを飲みながら味わっていた。
 コロナの感染予防を徹底するため、スタッフはフェースシールドを着け、間隔を広く取った座席には消毒液を置いた。二日は付近で御祓(みそぎ)川まつりが開かれており、まつり会場にも八席を設けた。
 七尾港を生かした街づくりを目指す七尾マリンシティ推進協議会の担当者は「コロナ収束を待つだけではなく、新しい取り組みを仕掛けないといけない。一つのモデルになれば」と話した。
 イベントの一環として、食祭市場内では飲み放題で海鮮セットなどを提供する「浜焼きビアガーデン」を開催している。事前予約制で残り二日の参加を募集している。(問)協議会0767(54)8888、食祭市場0767(52)7071

関連キーワード

PR情報