三重県が「緊急警戒宣言」 三重大医学部でクラスター

2020年8月4日 05時00分 (8月4日 05時01分更新) 会員限定
「緊急警戒宣言」を発表する鈴木英敬知事=3日午後、三重県庁で

「緊急警戒宣言」を発表する鈴木英敬知事=3日午後、三重県庁で

  • 「緊急警戒宣言」を発表する鈴木英敬知事=3日午後、三重県庁で
 三重県は三日、県内で新たに二十人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。一日あたりの新規感染者数としては最多を更新し、三重大医学部ではクラスターが発生した。鈴木英敬知事は「緊急警戒宣言」を発表し、「大変厳しい状況にあり、緊急事態宣言の一歩手前と考えていただいて結構だ」と述べた。
 二十人のうち九人は、津市内に住む十代と二十代で、いずれも三重大医学部の医学科と看護学科の学生。二日に発表された十代の男子学生と合わせ、クラスターは計十人となった。七月二十三〜三十日に和歌山県を訪問したり、三重県内でゴルフや飲食をともにしたりしていたが、感染経路は分かっていない。三重県は国に、クラスター対策班の派遣を要請した。
 緊急警戒宣言では、盆休みが終わる今月十六日まで、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報