敦賀気比、圧勝V 夏の大会3年連続 <高校野球・福井>

2020年8月4日 05時00分 (8月4日 05時00分更新) 会員限定
6回裏敦賀気比無死、左越え本塁打を放つ御簗選手=福井市の県営球場で

6回裏敦賀気比無死、左越え本塁打を放つ御簗選手=福井市の県営球場で

  • 6回裏敦賀気比無死、左越え本塁打を放つ御簗選手=福井市の県営球場で
  • 優勝を決め、喜びを爆発させる敦賀気比の選手たち=福井市の県営球場で
 県高校野球大会は最終日の三日、福井市の県営球場で決勝が行われた。敦賀気比が福井工大福井を8−1で退け、夏の大会としては三年連続の優勝を果たした。閉会式で県高野連の斉川清一会長は「甲子園はなくなったが、敦賀気比の皆さんの足跡は長い高校野球の歴史に残る。自信と誇りを持って次のステップに臨んでほしい」とあいさつした。新型コロナの影響で北信越大会の開催は不透明だが、九月に予定している秋の県大会については開催する方針を示した。
 新型コロナウイルスの影響で甲子園はない。それでも、敦賀気比は今大会での「優勝」にこだわった。
 開幕二週間前、主将の岡村匠樹(なるき)選手(三年)が理由を明かした。「今まで...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報