北陸新幹線・深山トンネルが貫通 式典で関係者祝う

2020年8月4日 05時00分 (8月4日 05時00分更新) 会員限定
深山トンネルの貫通を祝って鏡開きをする関係者たち=敦賀市の深山トンネルで

深山トンネルの貫通を祝って鏡開きをする関係者たち=敦賀市の深山トンネルで

  • 深山トンネルの貫通を祝って鏡開きをする関係者たち=敦賀市の深山トンネルで
 二〇二三年春開業に向けた北陸新幹線金沢−敦賀間の延伸工事で、敦賀市の深山(みやま)トンネル(七百六十八メートル)が三日、貫通した。これにより金沢−敦賀間に十二カ所あるトンネル全てが貫通した。深山トンネルは一九年一月から掘削を進め、同年末に貫通予定だったが、途中で基準値を超える自然由来のヒ素が検出されるなどしたため大幅に貫通が遅れていた。
 建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)によると、...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報