新史料館に休憩所も併設 引佐・井伊谷宮

2020年8月4日 05時00分 (8月4日 05時03分更新)
井伊谷宮境内に完成した史料館兼休憩所の外観=浜松市北区引佐町で

井伊谷宮境内に完成した史料館兼休憩所の外観=浜松市北区引佐町で

  • 井伊谷宮境内に完成した史料館兼休憩所の外観=浜松市北区引佐町で
  • 史料館で、伊勢神宮から奉納された太刀や弓を見学する関係者ら=浜松市北区引佐町で
 浜松市北区引佐町の井伊谷宮は一日、境内に新築した史料館兼休憩所の竣工(しゅんこう)祭と内覧展を関係者を集めて開き、一般公開も始めた。
 二〇二二年の創建百五十年を控えた奉祝事業で、昨年十月に着工していた。一部二階建ての建物は浜松・天竜産の高級スギ材がふんだんに使われ、一階では明治初期の境内図など史料や神社ゆかりの宗良親王の生涯を紹介する漫画などを展示。二階展望室からは神社を囲む森や池を一望できる。
 また、館入り口付近には創建時にあった井戸を復元展示した。展示物の修復費を含め、総工費は約八千万円。参詣客の入館無料。
 岡部和弘宮司は「史料館で地域の歴史を学んだり、知識を発掘する一助になれば。新たに設けた休憩施設では、緑の森を見ながら穏やかにお過ごしいただきたい」と話した。 (武藤康弘)

関連キーワード

PR情報