中日春秋

2020年8月4日 05時00分 (8月4日 05時00分更新)
 力を失った横綱の土俵入りほど冷酷無残なものはないと、好角家だった作家の尾崎士郎が、昭和の初め頃の横綱宮城山について追想している。力の盛りを過ぎながら、一人横綱という事情もあり、土俵に上がり続けた力士だった。冷たい笑いに包まれることが多かったという
▼屈辱のせいだろう、土俵の上で脚が震えていることもあった。<最高の地位によって約束された立派さのために>、宮城山は苦しんでいたと記している(『国技館』)。上りつめる地位が高いほど、一時の輝きが大きいほど、力を失ったときの屈辱、苦しみが大きくなる。力の社会の現実であろう
▼照ノ富士関もかつての輝きと元大関という地位に苦しんだという。横綱昇進も近いといわれながら、けがと病気で自力で立ち上がるのも困難なほどになり、序二段まで番付を下げた
▼力は完全に落ち、付け人もいない。冷酷無残な現実のなか、何度かあきらめかけた。もっともつらかったのは、輝いていた頃の「プライドを捨てること」であったという
▼だれが予想できただろう。再入幕した七月場所での二度目の賜杯という快挙である。これまでの苦労と周囲への感謝の思いではなかったか。初優勝の額を見上げ、何かを思うような顔がよかった
▼再起のための挑戦に乗り出す人には励みになりそうである。こんな時代に見たかったと思わせる表情であった。

関連キーワード

PR情報