三重大医学部のクラスター 県、感染経路解明急ぐ

2020年8月4日 05時01分 (8月4日 05時03分更新) 会員限定
 三重大医学部で新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)が発生した。県の三日の発表によると、医学部の学生九人が感染し、既に感染が判明した男子学生を合わせて関連の患者は十人に上る。感染経路などは判明しておらず、県は全容解明を急ぐ。 (斎藤雄介)
 県内でのクラスターは二例目。三日発表の九人は、三重大医学部の医学科と看護学科に所属する学生で、いずれも津市に住む十代〜二十代の男女。全員が二日に感染発表の十代男子の医学部学生とゴルフや飲食などで接触があり、県がPCR検査を進めていた。
 ただ、九人の多くが...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから
PR情報