本文へ移動

ロッテ・田中靖洋が右肘後方骨棘と遊離体を除去する手術「全治3カ月の見込み」

2020年8月3日 21時19分

このエントリーをはてなブックマークに追加
ロッテ・田中靖洋投手

ロッテ・田中靖洋投手

 ロッテの田中靖洋投手(33)が3日、横浜市内の病院で右肘後方骨棘と遊離体を除去する手術を受けた。球団が同日、発表した。
 球団広報は「術後4週でスローイングを開始の予定。全治3カ月の見込み」としている。プロ15年目の今季は8試合に救援登板し、1勝0敗2ホールド、防御率2・45。7月22日に出場選手登録を抹消された。

関連キーワード

おすすめ情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ