オクテウス選手、レイクス入団へ 3人制バスケ米国代表

2020年8月3日 05時00分 (8月3日 11時55分更新) 会員限定
ジョナサン・オクテウス選手=滋賀レイクスターズ提供

ジョナサン・オクテウス選手=滋賀レイクスターズ提供

  • ジョナサン・オクテウス選手=滋賀レイクスターズ提供
 プロバスケットボールBリーグ一部の滋賀レイクスターズは一日、ジョナサン・オクテウス選手(28)と契約合意に達したと発表した。
 オクテウス選手は米国出身で、身長一九三センチ、体重七七キロ。ポジションはガードを務める。NBA下部のGリーグや欧州でプレーし、昨年は三人制バスケの米国代表でも活躍した。
 オクテウス選手は「自分のバスケットボールに対する愛情を、みなさんの前で表現するのが待ち遠しいです。素晴らしいシーズンを楽しみにしています」とコメントした。
 坂井信介代表は「コロナ禍において、バスケットボール市場の推移をみながら、予算および契約条項の設定を慎重に行う必要がある。これからほか二人の外国籍選手も決定次第発表していく」と、さらなる補強を示唆した。
 同時に、ライジングゼファー福岡に所属していた荒川颯選手(23)が、練習生として参加することも発表された。荒川選手は三人制の日本代表に選出された実績があり、身長一八二センチ、体重七八キロで、ポイントガードを務める。 (柳昂介)
記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧