<キラリ 近江びと> 「新・精進料理」ケータリング・蓮渓邦枝さん

2020年8月3日 05時00分 (8月3日 11時57分更新) 会員限定
蓮渓邦枝さん

蓮渓邦枝さん

  • 蓮渓邦枝さん
  • 蓮渓さんが海外で手掛けた出張ケータリングの料理など
 精進料理を独特の感性とアイデアでアレンジした「新・精進料理(ヌーベルショージン)」を引っ提げ、国内外で出張ケータリングを展開。県内外での料理教室なども手掛けている。目的は、「湖北の面白さ、良さを知ってもらうこと」。社会に出た子どもたちが帰ってきたくなる故郷を目指している。(川添智史)
 大学時代は成田空港に近い千葉県松戸市に住んでいた。当時はパック料金が数万円の海外旅行もあり、成田空港から英国などへ頻繁に旅行していたという。しかし、卒業後すぐに嫁いだのは長浜市湖北町の寺院。学生時代のように各地を巡ることは難しかった。
 転機は、二〇一六年に友人に誘われて参加した著名なビーガン料理家・本道佳子さんの講演会。生き様を聴き、「仕事次第で世界に行ける希望が持てた」と話す。
 以前に市内で料理教室をしており、腕には自信があった。本道さんに直談判し、岐阜県のクリニックで開く臨時カフェや、東京公演に来た海外ダンスチームの出張ケータリングで調理を手伝わせてもらった。
 そんな中、独自の出張ケータリングもスタート。大学は美術系の学科で学んでいた。色彩感覚を生かしたテーブルクロスや装飾品のコーディネートとともに...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧