<通風筒>

2020年8月3日 05時00分 (8月3日 05時01分更新) 会員限定

 ○…岐阜県の夏季県高校野球大会決勝が二日、岐阜市の長良川球場であり、大垣日大が昨夏甲子園四強の中京を破って優勝した。新型コロナウイルスの影響で「夏の甲子園」がなくなり、各都道府県の高野連が独自大会を開いているが、中部六県で優勝校が決まったのは初めて。
 ○…実力校同士の決勝。感染対策で、例年のような派手な応援はなかったが、延長にもつれ込む熱戦に。優勝を決めた大垣日大の選手たちはマウンドに駆け寄り、喜びを体いっぱいに表現した=写真。
 ○…大会では、春の選抜大会にも出場が決まっていた県岐阜商が、校内で感染者が出たため出場辞退するアクシデントもあった。異例づくしの夏にも、決勝で戦った両チーム監督は「大会が開かれたことに感謝したい」と口をそろえた。

関連キーワード

PR情報