”461個のお弁当の仕上げ”はV6・井ノ原快彦となにわ男子・道枝駿佑の「切なくも温かい親子のハーモニー」

2020年8月3日 05時00分

このエントリーをはてなブックマークに追加
エンディングで主題歌を熱唱する井ノ原快彦と道枝駿佑

エンディングで主題歌を熱唱する井ノ原快彦と道枝駿佑

  • エンディングで主題歌を熱唱する井ノ原快彦と道枝駿佑

エンディングシーン場面写真公開


 「V6」の井ノ原快彦(44)が主演、「なにわ男子」の道枝駿佑(18)と親子役で初共演する映画「461個のおべんとう」(兼重淳監督、11月6日公開)で、2人が主題歌「Looki 4」を熱唱するエンディングシーンの場面写真がこのほど公開された。
 原作はヒップホップバンド「TOKYO No.1 SOUL SET」の渡辺俊美(53)の感動のお弁当エッセー「461個の弁当は、親父と息子の男の約束。」(マガジンハウス刊)。妻と別れ、息子(道枝)と2人で暮らすことになった主人公(井ノ原)が、息子に毎日お弁当を作ることになり、親子の絆をお弁当を通して紡いでいく姿を描く。
 主題歌は原作者である渡辺が作詞・作曲を手掛け、当時4歳だった息子への思いを込めて作られた。兼重監督が渡辺のライブに行った際、渡辺が親子で同曲を歌う姿に心を打たれ、「エンディングで井ノ原さんと道枝さんが歌っている姿を見せたい」と実現した。
 2人のレコーディングは渡辺自らがディレクション。今回解禁された場面写真は、ともに白いシャツにメガネ姿の井ノ原と道枝が同じステージで熱唱するシーン。井ノ原はギターを弾きながら高い歌唱力で道枝をリードし、道枝は透き通った歌声を披露している。
 井ノ原は「この曲に出会えたことを幸せに思います。エンディングシーンは道枝くんと親子のきずなを感じられた瞬間です。ぜひ、40代と10代の切なくも温かい親子のハーモニーを堪能してください」。道枝は「井ノ原さんと僕が映画の主題歌を歌わせていただくことになりました! (演じる息子の)虹輝の気持ちを考えながら思いを込めて歌わせていただきました。みなさん、楽しみにしていてください!」とコメントを寄せた。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ