<2020年 米大統領選「声なき多数派」>(下)4年前の再現狙うトランプ氏

2020年8月3日 05時00分 (8月3日 05時01分更新) 会員限定
 「米国を再び偉大に!」。トランプ米大統領は時折、思い出したようにツイッターにこう書き込む。四年前の大統領選で衰退した製造業の復活を訴え、再選のかぎを握る白人労働者層の支持をつなぎ留めたい思いがにじむ。
 トランプ氏はクリントン氏に総得票差で約三百万票下回りながら、東部ペンシルベニア、中西部ミシガン、ウィスコンシン、オハイオなど鉄鋼業などが衰退した「ラストベルト」(さびついた工業地帯)で相次ぎ勝利を収め、選挙を制した。トランプ氏が「忘れられた人たち」と呼んだ白人労働者は、まさに「声なき多数派」だった。
 オハイオ州トランブル郡の航空宇宙会社のチタン工場で働くスコット・サイツさん(51)は民主党員、労働組合員ながら四年前はトランプ氏に投票した。「民主党はわれわれブルーカラーのことを忘れた。今回もトランプに入れるつもりだ。彼は雇用を約束し、実際に増やしたから」という。「多くの人が言葉には出さないが、そう感じているのではないか。私はそうした『声なき多数派』を代弁していると思う」
 一方、中西部ミシガン州ビッグ・ラピッズ市の退役軍人で全米自動車労組(UAW)の元組合員クレイグ・スミスさん(64)は四...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報

国際の最新ニュース

記事一覧