【滋賀】ガールズバー店名公表 新規5人確認、感染拡大を防止

2020年8月3日 05時00分 (8月3日 05時01分更新) 会員限定
 滋賀県は二日、新たに十〜五十代の男女五人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。また、これまでに陽性が確認された患者に、県内のガールズバーの従業員と利用者の計五人が含まれていたことから、ほかの利用者の感染拡大を防ぐため初めて店名を公表した。
 公表したのは「Girl’s Bar Rion」の湖南店と長浜店。感染した二店舗の従業員女性四人と利用客男性がいた日に店を利用した人に対し、帰国者・接触者センターに速やかに連絡するよう呼び掛けた。該当期間は湖南店が七月十五、十七、十九、二十一、二十五〜二十七日、長浜店が十八〜二十八日。
 新たに感染した五人の居住地は、大津市が三人、栗東市が一人、東近江市が一人。四人が軽症、一人が無症状で、全員が入院予定。
 栗東市の男子小学生と東近江市の二十代の女性会社員は、県内ですでに陽性が確認された患者の濃厚接触者。いずれも大津市の四十代の会社員男性と五十代の会社員女性、二十代の男子学生は、七月中旬以降に県外へ外出していた。
 新規の感染確認は十五日連続で、感染者数は計百八十四人となった。 (柳昂介)...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

PR情報

滋賀の最新ニュース

記事一覧