ベスト4決まる <高校野球・三重>

2020年8月3日 05時00分 (8月3日 05時00分更新) 会員限定
四日市工−四日市 9回表四日市工1死二、三塁、逆転の中前打を放つ岩崎選手=県営松阪球場で

四日市工−四日市 9回表四日市工1死二、三塁、逆転の中前打を放つ岩崎選手=県営松阪球場で

  • 四日市工−四日市 9回表四日市工1死二、三塁、逆転の中前打を放つ岩崎選手=県営松阪球場で
 県高校野球夏季大会は二日、県内二球場で準々決勝があり、ベスト4が決まった。
 県営松阪球場では、昨夏4強の菰野と、今大会注目の伊東邑航投手、田所宗大捕手のバッテリーを擁するいなべ総合が対戦。いなべ総合が好機に着実に得点を重ね、大会屈指の好カードを制した。
 ダイムスタジアム伊勢では松阪商が打撃で四日市南を圧倒し、危なげなく4強入りを決めた。夏の大会としては、四日市工が五年ぶり、津西は準優勝した二〇一一年以来、九年ぶりに準決勝に駒を進めた。準決勝は八日、松阪球場で、津西−四日市工、松阪商−いなべ総合の二試合が行われる。

四日市工、九回に逆転

 四日市工が九回の集中打で四日市に逆転勝ちした。
 九回、1死二、三塁から岩崎の中前打で逆転すると、さらに2死二、三塁と攻め立てて谷口、佐々木が連続適時打を放ち、計5点を挙げた。五回途中から救援した服部が無失点に抑え、試合の流れを呼び込んだ。
 四日市は四回、岡本の右越え三塁打など4長短打で3点を先制したが、逃げ切れなかった。

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報