小浜線は並行在来線に該当せず 政府に確認求める決議採択

2020年8月3日 05時00分 (8月3日 05時00分更新) 会員限定
北陸新幹線の整備促進に向けて気勢を上げる出席者たち=福井市の県自治会館で

北陸新幹線の整備促進に向けて気勢を上げる出席者たち=福井市の県自治会館で

  • 北陸新幹線の整備促進に向けて気勢を上げる出席者たち=福井市の県自治会館で
 行政や経済界などでつくる県北陸新幹線建設促進同盟会は二日、福井市の県自治会館で総会を開いた。敦賀以西の「小浜−京都ルート」着工を見据え、JR小浜線が並行在来線に該当しないことを確認するよう政府・与党に求める決議を初めて採択した。 (山本洋児)
 整備新幹線には安定的な財源見通しの確保など着工に向けた五条件がある。「並行在来線の経営分離についての沿線自治体の同意」もその一つ。県は敦賀−新大阪間について、二〇二三年春の敦賀開業から切れ目ない着工を求めており、期限が迫っている。
 一六年度末に決定した「小浜−京都ルート」では、県内区間を小浜線が並行して走る。県は、旧運輸省(現国土交通省)の見解を踏まえ、「並行在来線は特急列車が移る線区」と認識している。
 決議では「JR小浜線は特急が運行されておらず、新幹線開業により旅客輸送量が著しく低下する路線ではない」と指摘。敦賀−新大阪間の整備に伴う並行在来線には該当しないとし、国にこの考え方を確認するよう求めた。
 敦賀以西の財源問題を検討する自民党プロジェクトチーム座長の高木毅衆院議員(福井2区)は取材に対し、「並行在来線は優等(特急)列車が対象になる。...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

記者へのメッセージポストへの投稿はこちらから

関連キーワード

PR情報