核兵器廃絶への道

2020年8月3日 05時00分 (8月3日 05時00分更新) 会員限定
沢田昭二さん

沢田昭二さん

  • 沢田昭二さん
  • 前田万葉さん
  • 奥田博子さん
 広島、長崎に原爆が投下されてから七十五年。核軍縮を目指し、さまざまな条約が作られ、国際交渉が行われてきた。しかし、人類を破滅に導く核兵器は今なお、地球上に存在する。核なき世界へ。道は険しいかもしれないが、人類の未来に向けて続いている。

 核兵器に関する条約 1970年発効の核拡散防止条約(NPT)は米国、ロシアなど5カ国以外の核兵器保有を禁止。核軍縮が目的だが不公平との批判も。96年採択の包括的核実験禁止条約(CTBT)は批准国が足りず未発効。日本は批准国。2017年7月採択の核兵器禁止条約は核兵器の開発、実験、製造など広範に禁止。核兵器全廃を目指す。50カ国・地域の批准で発効する。7月27日現在の批准は40。

条約への不参加、残念

物理学者、広島原爆被爆者 沢田昭二さん

 広島に原爆が投下された時、私は中学二年生でした。その日は体調を崩し、市内の自宅で眠っていました。閃光(せんこう)も爆音も知りません。気が付くと、壊れた家の下敷きになって...

中日新聞読者の方は、無料の会員登録で、この記事の続きが読めます。

※中日新聞読者には、中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期読者が含まれます。

関連キーワード

PR情報