巨人の輝く背番号19番に「まだ負けているね」宮本コーチ2試合連続失点の田中豊に奮起促す”苦言”

2020年8月2日 19時32分

このエントリーをはてなブックマークに追加
7回表2死二、三塁、西川(右)に3ランを許した巨人・田中豊

7回表2死二、三塁、西川(右)に3ランを許した巨人・田中豊

  • 7回表2死二、三塁、西川(右)に3ランを許した巨人・田中豊

◇2日 巨人2-9広島(東京ドーム)

 5点を追う7回から登板した巨人の田中豊樹投手(26)は1イニングを1安打2四球、3失点と悔しいマウンドになった。先頭の堂林に四球を与えるなど2死二、三塁のピンチを招くと、西川に150キロ直球を左越え3ランにされた。日本ハムから育成選手として新加入し、7月26日に育成から支配下登録されたが、これで2試合連続失点で防御率は11・25になった。
 背中にはこれまで上原浩治さんや菅野が背負っていた栄光の「19」が輝く。それだけに宮本投手チーフコーチは「まだ背番号に負けているかな。19番にまだ負けているね。もうひとつ越えてくれないとなと思います」と奮起を促しつつ、今後も1軍で起用する方針であることを明かした。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ