Sバンタム級の仲里ニンジャ早史 命名は具志堅用高元会長 夢はアクション俳優もまずは新人王獲得で恩返しを

2020年8月2日 16時31分

このエントリーをはてなブックマークに追加
計量をクリアしポーズを取る仲里ニンジャ早史(東日本ボクシング協会提供)

計量をクリアしポーズを取る仲里ニンジャ早史(東日本ボクシング協会提供)

  • 計量をクリアしポーズを取る仲里ニンジャ早史(東日本ボクシング協会提供)
 無観客開催されるボクシング東日本新人王予選(3日、東京・後楽園ホール)の前日計量が2日に東京都内で行われ、出場選手全員がクリア。スーパーバンタム級では7月31日で閉鎖した白井・具志堅スポーツに所属していた仲里ニンジャ早史(21)=渡嘉敷=が54・2キロでパスした。
 「閉鎖が決まったときは『俺どうなっちゃうの』と不安だった。けどトレーナーさんの紹介で移籍も決まりました」と仲里。リングネームは具志堅用高元会長の命名。「僕のスタイルを見て『トリッキーだな』とつけてくれて。せっかくだから推していこうと思っています」。俳優養成の専門学校を卒業し、将来の夢はアクション俳優。閉鎖当日まで白井・具志堅スポーツで練習した仲里は、個性もしっかり際立たせる“具志堅流”で新人王戦に臨む。

関連キーワード

PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ