巨人大城 堂林の三邪飛失策後に打ち直しの反撃5号ソロ「良い感覚、感触で打てました」

2020年8月2日 15時56分

このエントリーをはてなブックマークに追加
2回裏1死、大城が中越えに本塁打を放つ

2回裏1死、大城が中越えに本塁打を放つ

  • 2回裏1死、大城が中越えに本塁打を放つ

◇2日 巨人ー広島(東京ドーム)

 巨人の大城卓三捕手(27)が反撃の一発を放った。3点を追う2回1死。カウント2―2から144キロ直球を振り抜いた打球は大きな放物線を描きバックスクリーン右へ飛び込む5号ソロ。この打席、初球を打ち上げ三邪飛かと思われたが、堂林が取り損ねた。このラッキーを逃すことなく結果に結び付けた。
 6試合ぶりの安打となった大城は「良い感覚、感触で打てました。1点ずつでもなんとか追いつきたいですね」とコメントした。
PR情報

購読試読のご案内

プロ野球はもとより、メジャーリーグ、サッカー、格闘技のほかF1をはじめとするモータースポーツ情報がとくに充実。
芸能情報や社会面ニュースにも定評あり。

中スポ
東京中日スポーツ